3Dプリンターサービスの見積依頼・相談
先ずはこちら
株式会社 アリエル 問合せメール送信
MAIL
データ作成から3D造形製作まで、一括で製作依頼が可能
One-Stop Services
3Dプリンターのデータ作成は、3D造形センター®
3Dデータ作成、受託サービスセンター
3Dプリンターを使った3D造形は、3D造形センター®
3D造形製作、受託サービスセンター
磨き・研磨、塗装・着色、接着・接合、ネジ穴タップ切りを加工依頼
3D造形製作品の二次加工

*1)3D造形センター®

*2)3Dデータセンター®

は、弊社)株式会社アリエルの登録商標です。

 

株式会社 アリエル 電話番号
TEL

 

03-6868-7617

現在の受付/納期、 混雑状況

◇ 受付窓口:平常

◇ 「サッとデータ」プラン、受付中

「サッと造形」プラン、受付中

 

 

営業時間

  E-mail:24時間受付

  TEL:平日 9:00~18:00

 

サービス会員、専用サポート

  受付時間 平日 8:45 ~ 18:30


システム&カスタマーサポート

  受付時間 平日 9:00 ~ 18:00

 

3Dプリンターだからこそ、作れるモノがある

 

  ハイスペックな3Dプリンター

 

  光造形機だから複雑形状でも製作可能

 

  プロトタイプ試作や小ロット製作に最適な工法です。

 

 

 

切削・マシニング工法に不向きな形状

 

・隅Rが小さい形状では、細かい切削エンドミルを使う必要が有る。

・微細エンドミルが無くて、製作ができない事が有る。

・小さいエンドミルを使う旋盤マシニング工法に伴うビビリという問題が有る。

・ピンカド、スロッターやワイヤーカットができない複雑形状。

・カットアウト形状が深い。

・肉厚が薄すぎる。

・突起部分が長すぎる。

 

 でも、

 3Dプリンターであれば、容易にシャープなR面を製作する事ができます。

 

 

 

注型製作に不向きな形状

 真空注型・射出成型など、注型工法での歩留まり率の安定までに一定期間を要します。

 

 3Dプリンターであれば、形状の歩留まりが安定している。

 注型製作の前に3D造形製作品を使い、確実な商品化スケジュールを!

 

 

鋳型・金型・砂型のプレス成型などの製作には

 原型を整え、型の検証、修繕/改良を繰り返す事でどうしても費用と工期を要します。

 

 <製作コスト・生産コストを抑えて、ビジネスチャンスを勝ち取る>

 ・原型を3Dプリンターで製作する事で費用と工期を抑える。

 ・シリコン型で小ロット製作に耐え、商品改良に備える。

 ・反転型/簡易金型/本金型まで、3Dプリンターで製作する事も可能。

 

 <スピード:時間は取引先様への付加価値! ビジネスチャンスを勝ち取る>

 ・万全な試作提案でも、約束期日を守れないと無意味となりゼロ点。

 ・ビジネス商談は先出しが優位、改善対応の時間を自ら作る。

 

 <ハイブリッド シリコーン・モールド>

  型やモールド形状を部分的に異なる素材/工法に変えて製作します。