3Dプリンターサービスの見積依頼・相談
先ずはこちら

 

03-6868-7617

3Dプリンターのデータ作成は、3D造形センター®
3D Data Center
3Dプリンターを使った3D造形は、3D造形センター®
3D Zoukei Center

 

営業時間

  E-mail:24時間受付

  TEL:平日 9:00~18:00

 

サービス会員様、専用サポート

  受付時間 平日 8:30 ~ 18:30


システム&カスタマーサポート

  受付時間 平日 9:00 ~ 18:00

 

*1)3D造形センター®は、

  弊社)株式会社アリエルの登録商標です。

 

*2)3Dデータセンター®は、

  弊社)株式会社アリエルの登録商標です。

 

モノづくり、創る工法の使い分けをお薦めしています。

 

 

切削加工、研削加工、

 

マシニング 放電加工、電解加工、超音波加工、電子ビーム加工、レーザー加工

 

積層造形「3Dプリンター」

 

プレス金型・ダイカスト/チルド型、木型、土型・砂型、 石膏鋳型・セメント鋳型

 

注型、真空注型処理

 

選択ではなく併用を!!

 

 

3つの条件、どこまで必要?

 

               ① 品質はどこまで必要

 

               ② 金額・価格・予算

 

               ③ 短納期が必要

 

 

■ 金型

  原型・マスターから食品モールドの作成までモールド作成の原型を3D造形で作成、その原型

  から金型やモールドまで製作する一連の工程をワンストップで製作する。

  現実のところ、
  金型や熟練の加工技術を使い分ける量産コストにおいて、現時点では3Dプリンターは金型の

  射出成形には到底叶わない。金型試作のコスト削減や製作時間の短縮のために導入を行い、3

  Dプリンターを適材適所な使い分けでコストや納期などの面で他社との差別化や競争力強化を

  行っている。

 

■ 5軸切削機

  3Dプリンターで製作するよりも、切削機・レーザー加工機を使った製作の方が安価な事例は

  多くあります。お客様の要求精度/公差を満たし、工期と費用からも見据えた、豊富な製作法

  の中からより良いご提案をさせて頂きます。


■ 板金加工

  3次元データなしで加工が完結することも多い板金メーカーでも、自社の製造の効率化や品質

  アップ、あるいはビジネスの幅を広げるために3Dプリンタが活用され始めている。
  例えば、複雑な形状の検証やサンプル製作、簡易金型モデル製作などに活用し、3Dプリン

  ターの導入により、従来の設計・製作時間の削減が図れる。

 

■ 発砲スチロールでの切削加工、型によるFRP製作

  大きな立体POPやFRPの遊具などは、3Dプリンターでは金額面で不向きな製作方法でし

  たが、近年 二次加工方法が拡充され効果的な製作方法として選ばれて参りました。

 

  プラント設計や市街ジオラマ・鳥瞰図形など、大きな立体物を3Dプリンターで造形OK

  一体造形の場合、約900mm×600mmまで対応可能(材料等の諸条件で異なります。)

  分割造形の場合、繋ぎ・組合せて大きなサイズ要望の立体物を作る事も可能です。
 
■ アパレル業界
  3Dプリンティング技術を取り入れたモード・ファッションとして注目されています。

■ 先端バイオ分野
  3Dプリンターで細胞を吐出・印刷することで人工臓器の実現に繋げる、神経細胞や血液細胞

  の再生医療の技術として難病治療への応用が期待されています。