3Dプリンターサービスの見積依頼・相談
先ずはこちら

 

03-6868-7617

3Dプリンターのデータ作成は、3D造形センター®
3D Data Center
3Dプリンターを使った3D造形は、3D造形センター®
3D Zoukei Center

 

営業時間

  E-mail:24時間受付

  TEL:平日 9:00~18:00

 

サービス会員様、専用サポート

  受付時間 平日 8:30 ~ 18:30


システム&カスタマーサポート

  受付時間 平日 9:00 ~ 18:00

 

*1)3D造形センター®は、

  弊社)株式会社アリエルの登録商標です。

 

*2)3Dデータセンター®は、

  弊社)株式会社アリエルの登録商標です。

 

3Dプリンター 各種、取り扱い

3Dプリンター本体、消耗品、付属品の取り扱いからサポート

試作・プロトタイピングモデルの内製化/アウトソーシング、両方向からの視点でお客様の立場でご提案します。

 

 

STL方式(光造形積層方式)

光硬化性樹脂の特性を生かして、紫外線を照射することで樹脂を硬化させて造形する方式。

複雑形状が得意で16μの積層調整が可能です。

 

 

SLS方式(粉末焼結方式)

パウダー粉末状の材料をレーザー焼結して積層する方式。

ステンレス・チタン・アルミなどの金属造形、ナイロン樹脂での制作に多く利用されています。

特に、金属素材では、プロトタイピング・モデル制作という目的で効果的な3D造形プリンターです。

 

 

インクジェット方式(粉末固着方式)

石膏などのパウダー粉末を樹脂で接着して固める方式。フルカラーでの製作が可能。

落下等の衝撃で破損の可能性がある場合は、後処理を併用する事をお薦めします。

フルカラーの色彩を綺麗に仕上げる場合も、後処理を併用する事をお薦めします。

 

 

FDM方式(熱溶解積層方式)

ABS樹脂・PLA樹脂などの熱可塑性樹脂を高温で溶かしながら積層する方式。

制作コストは安価ですが、品質クオリティーの観点からコストパフォーマンスは利用目的次第です。